四国の写真 ...do you know shikoku island?...

四国、愛媛の風景写真を撮っています。四国へ観光旅行はいかがですか。

サイト内検索



松山城と坊ちゃん列車

 

 

 

f:id:fabifuten:20170409075951j:plain

 

松山城からの帰り道、ちょうど坊ちゃん列車に出会えました。

 

晴れていれば、お城と坊ちゃん列車がいい感じでしたが、城は雨でぼんやり。

 

すぐ横のお堀にも桜が写り込んでいたのですが、これも雨でぼんやり。

 

なかなか雨で振り回された1日でした。

 

 

 

f:id:fabifuten:20170409080037j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170409080121j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170409075854j:plain

 

 

桜満開の松山城

f:id:fabifuten:20170408174913j:plain

 

f:id:fabifuten:20170408175000j:plain

 

f:id:fabifuten:20170408175052j:plain

 

f:id:fabifuten:20170408175136j:plain

 

残念ながら、天気は雨。

 

傘をさしての撮影となりました。

 

それでも雨の中、たくさんの観光客。

 

外国人観光客も多く、インターナショナルでした。

 

いろんな言葉が聞こえ、この人どこからと言う感じでした。

 

外国の人には桜と城。

 

たまらないんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

御祓の屋根付き橋としだれ桜 内子

内子の町から山の中へ。

 

さくら目的だったのですが、珍しい橋に出会えました。

 

さくらの方はまだ満開でなかったのですが、近くの郵便局の人の話では、満開が近くなると花が白くなるという。

 

今が一番綺麗だと言っていた。

 

そして、カメラを持った人がよく来るんですよと、撮影ポイントまで教えてくれた。

 

 

f:id:fabifuten:20170407103419j:plain

 

 

 

f:id:fabifuten:20170407103501j:plain

 

 

 

f:id:fabifuten:20170407103536j:plain

 

 

 

f:id:fabifuten:20170407103623j:plain

 

 

 

 

内子 郷之谷川沿いに咲くシダレザクラ

内子 石畳の桜を見に出かけたのですが、なんと途中の道が道路工事で全面通行止め。

 

迂回路はあるのはありますが、山道を延々と登っていきます。

 

途中まで行ったのですが、諦めて帰りました。

 

これから行かれる方は確認して行ってくださいね。

 

次に向かったのが内子の町の中心を流れる川沿いのしだれ桜。

 

駐車場は役場を使っていいとのことで助かりました。

 

まだ、満開ではなかったですが、いい感じで咲いていました。

 

 4月4日撮影。

f:id:fabifuten:20170406091302j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170406091358j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170406091445j:plain

 

f:id:fabifuten:20170406091529j:plain

 

 

 

大角海浜公園

f:id:fabifuten:20170405140230j:plain

 

一瞬、ここは南国かと思いますが・・

 

真ん中をよく見ると、橋が写っています。

 

 

f:id:fabifuten:20170405140240j:plain

 

ここは、来島海峡が見渡せれる大角海浜公園です。

 

公園だけでなく、キャンプ場も整備されており、夏は海水浴場になります。

 

また、釣りのポイントでもあります。

 

f:id:fabifuten:20170405140256j:plain

 

小高い展望台に上ると、瀬戸内の風景を楽しめます。

 

また、マイナーなので静かです。

 

のんびりするには最高の場所です。

 

f:id:fabifuten:20170405140309j:plain

 

f:id:fabifuten:20170405140322j:plain

 

ここは桜の名所でもあります。

 

桜と来島海峡大橋と言う構図です。

 

残念ながら少し開花が遅れているようです。

 

満開になると、一面が桜で埋め尽くされる場所です。

 

 

f:id:fabifuten:20170405140335j:plain

 

 

 

ひょうたん桜 高知仁淀川町

 

f:id:fabifuten:20170405083443j:plain

 

まだ早かったようです。

 

ほとんどが蕾です。

 

f:id:fabifuten:20170405083627j:plain

 

しかし、そのおかけで枝振りがよくわかります。

 

樹齢五百年の歴史が刻まれています。

 

 

f:id:fabifuten:20170405084021j:plain

 

周辺の桜は咲き始めています。

 

木によっては満開のものも・・

 

それにして、ここはすごいところにありますね。

 

いつも思うけど・・

 

f:id:fabifuten:20170405083917j:plain

 

 

 

 

 

造船の町 今治

今治というより、正確にいうと波止浜です。

 

日本で一番大きな造船工場、今治造船をはじめ、いろいろな造船所があります。

 

造船所は船を作るだけでなく、修理も多い。

 

この日は見かけなかったが、外国籍の船も多く見かけるところである。

 

f:id:fabifuten:20170403145129j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170403145216j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170403145259j:plain

 

その波止浜の昔の名残が残っています。

 

昔から栄えていたところでもある。

 

f:id:fabifuten:20170403145352j:plain

 

f:id:fabifuten:20170403145741j:plain

 

 

来島海峡のポスターを作ってみた

桜としまなみ海道を撮ろうと思ってお出かけしたが、桜はまだつぼみ。

 

残念ながら仕切り直しとなった。

 

せっかく撮った写真なので、ポスターに。

 

青いロゴが似合います。

 

 

 

f:id:fabifuten:20170402131723j:plain

 

日差しの関係か、海が青いです。

 

海に囲まれた四国ならでは写真です。

 

f:id:fabifuten:20170402131821j:plain

 

f:id:fabifuten:20170402131906j:plain

 

撮った場所は糸山公園。

 

カメラはX100Fになります。 

 

掌禅寺 金龍桜  

ネットやテレビで噂になっていた金龍桜。

 

どんなものかとドライブのついで立ち寄ってみました。

 

なんと、見事な桜の大木。

 

いい花見になりました。

 

f:id:fabifuten:20170401204226j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170401204319j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170401204414j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170401204700j:plain

 

 

 

f:id:fabifuten:20170401204754j:plain

 

 

f:id:fabifuten:20170401204848j:plain

 

 

お寺では、お弁当も売っていました。

 

美味しくいただきました。

 

 

f:id:fabifuten:20170401204957j:plain

 

 

 

 

白が眩しい「乳母桜」をX-E1で撮ってみた

使えないと言いながら、また、X-E1で桜取りに行ってました。

 

場所はご近所で、「乳母桜」という名で知られるところ。

 

大宝寺というお寺です。

 

白が眩しい桜です。

 

ピントも合いませんが・・

 

白って、撮るの難しいですよね。

 

f:id:fabifuten:20170331103306j:plain

 

 

 

f:id:fabifuten:20170331103017j:plain

 

 

続きを読む

X-E1で撮った桜写真

一世代前のX-E1。

色はいい感じなんですがね・・

でも、フォーカスが・・

風でゆらゆら動く桜は厳しい。

さらに白にピントを合わすとなると、なかなかです。

もう、桜写真では出番がないかも・・

一本の大きな木を取るのであれば、なんとか使えそうですが。

 

f:id:fabifuten:20170330084236j:plain

 

葉の方にピントが行っていますね。

 

続きを読む